Mahara

  • ログイン

森本研究室 OB・OGの研究 by ホームページ: 7つの習慣を用いた互いに高めあえる学級経営方法の提案(2014年度卒業 熊澤)

7つの習慣を用いた互いに高めあえる学級経営方法の提案(2014年度卒業 熊澤)

【研究内容】

学級においては互いに認め合い、協力し合うなど好ましい人間関係を作るとともに集団の一員として責任を持って行動できる能力を培うことが大切であり、学級経営の充実が求められている。

 そこで本研究では7つの習慣に着目し、児童生徒が主体的に活動し互いに認め合える学級経営方法を提案する。

【システムイメージ図】