3.2. eポートフォリオシステムの代表例

eポートフォリオシステムのタイプそれぞれについて、代表的なシステムを挙げる.(2011年度現在)

①Web2.0サービスの代表例

名前 説明 開発形態
(1) Wordpress MySQL+PHPによる高機能なブログツール オープンソース
(2) Elgg 様々なタイプのSNSを構築できるソフトウェア オープンソース
(3) GoogleDocs Web上で文書の作成と共有が可能な「Google ドキュメント」の公式アプリケーション 商用
(4) WikiSpaces Tangient LLCによって運営されているWiki作成サービス 商用
(5) mixi 株式会社ミクシィが運営する,日本最大級のシェアを持つソーシャル・ネットワーキング・サービス 商用
(6) Facebook Facebook, Inc. の提供する,世界中に5億人を超えるユーザー(2011年現在)を持つ世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス 商用
(7) ZOHO Writer AdventNet会による,Web上で文書の共有&同時編集を行うためのオンラインワードプロセッサー 商用

②CMSの代表例

名前 説明 開発形態
(8) Plone 非営利組織のPlone Foundationが管理するZopeアプリケーションサーバ上に構築されたCMS オープンソース
(9) Drupal PHPで記述されたモジュラー式フレームワークのCMS オープンソース
(10) Xoops 日本で GPLに基づいて開発されたCMS オープンソース
(11) Userland Manila UserLand Software社が開発・提供するWebベースのCMS 商用
(12) Factline Factline Webservices Gmb社が開発・提供する多機能CMS 商用
(13) Movable Type Six Apart社が開発・提供する定番的存在のブログソフトウェア.プラグイン機構により機能を拡張できることが特徴である. 商用

③LMSの代表例

名前 説明 開発形態
(14) Blackboad 全世界75カ国 9,300以上の教育機関,民間企業が利用されている世界シェアNo.1のLMS 商用
(15) Fronter Fronter社が開発しているLMSで,ヨーロッパを中心にマーケットを広げている.Webベースで多言語対応型バーチャル・ラーニング環境(VLE)を提供している. 商用
(16) Exabis (Moodle) Exabis社(オーストラリア連邦教育芸術文化省による支援)により開発された,オープンソースのLMSである Moodle のポートフォリオ機能拡張モジュール オープンソース
(17) MyStuff (Moodle) The Open University により開発された,オープンソースのLMSである Moodle のポートフォリオ拡張モジュール オープンソース
(18) Moofolio (Moodle) New Hampshire の SPDC (The Seacoast Professional Development Center) により開発された,オープンソースの LMS である.Moogle のポートフォリオ機能拡張モジュール オープンソース
(19) WebClass ウェブクラス社が開発した LMS で日本の100あまりの大学に導入されている.eポートフォリオ活動を支援する機能(eポートフォリオ・コンテナ)を有している 商用

④eポートフォリオ・マネジメント・システムの代表例

名前 説明 開発形態
(20) iWebfolio Nuventive社によりオンラインサービスとして提供されているシステム.教育機関に所属する学生に限らず,個人の生涯教育のために同サービスを利用できる. 商用
(21) Mahara PHPで作られたオープンソースのシステム.ビュー機能を(View)機能を使うことで,ショーケース・ポートフォリオとして学習成果を公開することが可能. オープンソース
(22) FSU Career Portfolio キャリアセンターにより提供されているキャリア・ポートフォリオのためのシステム.同システムにより作成されたキャリア・ポートフォリオを審査し表彰を行うポートフォリオコンテストが実施されている 商用
(23) Penn State's e-Portfolio Pennsylvania State Universityが全学生に対して提供しているパーソナル・ディベロップメントのためのシステム. 独自開発
(24) Alverno's DDP Alverno Collegeが開発したパーソナル・ディベロップメントのためのシステム.履歴書作成にも利用できるショーケース・ポートフォリオ作成機能がある. 独自開発
(25) 兵庫教育大学教職大学院 eポートフォリオ 兵庫教育大学教職大学院が,教職大学院生の教師教育に関する学びの蓄積と振り返りを促すとともに,多様な参加者の円滑なコミュニケーションを促進することを目的に開発したシステム. 独自開発
(26) TaskStream TaskStream社により提供されているシステム.ティーチング・ポートフォリオ作成のためのシステムとしても実績がある 商用
(27) PebblePad Pebble Learning社により開発され,提供されているシステム.WebFoliosと呼ばれるFlashによる動的なインタフェースを持った,ショーケース・ポートフォリオを作成することができる.イギリスの40以上の大学で,PDPやティーチング・ポートフォリオ作成などの利用実績がある. 商用
(28) FolioTek Lanit Consultingにより開発されているシステム.ティーチング・ポートフォリオ作成機能や,スタンダードを用いたアセスメン機能が用意されている 商用
(29) Chalk & Wire Chalk & Wire Learning Assessment社により提供されているシステム.ティーチング・ポートフォリオ作成のために複数の大学で導入され,利用された実績がある. 商用
(30) LiveText LiveText社により提供されているシステム.INTASC等のスタンダードが予め用意されており,ティーチング・ポートフォリオ作成のためのシステムとしての実績がある. 商用
(31) KIT ポートフォリオシステム(金沢工業大学) 金沢工業大学が,学生の学習支援のために開発・運用しているシステム.学生は,PDCサイクルに基づき,一週間単位,学期単位で自らの目標の達成度を確認しながら意欲的に学習に取り組んだ活動プロセスや成果を「KITポートフォリオシステム」に記録する. 独自開発
(32) 学修自己評価システム(九州工業大学) 九州工業大学が,学生の学修自己管理能力と学修意識を高めることを目的として紙ベースで取り組んできた「学習成果自己評価シート」の実績をもとに開発したシステム.学生自身が学習・教育目標の達成度を意識し,学期の終了ごとに達成度を自己評価することで次学期の履修方針を立てる.また,学修成果の蓄積によるキャリア形成を目的に,クラブ活動,ボランティア活動,インターンシップなどの成果,卒業研究などの学修成果物をポートフォリオに記録する. 独自開発
(33) Sakai/OSP ポートフォリオを扱う機能をまとめオープンソースとして提供しているシステム.汎用的な機能が提供されているため,利用には管理者(機関や教師等)による作り込みが必要とされる.現在は,オープンソースLMSであるSakaiに組み込まれて開発が続けられている. オープンソース

参考文献:

森本康彦(2011)「高等教育におけるeポートフォリオの最前線」,システム制御情報学会誌,No10,pp23-29